新しい政治つくる旗掲げ【しんぶん赤旗日曜版より】

あけましておめでとうございます

元朝日新聞政治部次長でジャーナリストの脇正太郎さんと

志位委員長の対談が一面トップ記事です。

脇さん「岸田政権は発足当時、民主主義の危機と表明したことで安倍・菅政権の強権政治を変えると大いに期待していた」のに

「今ではもう落胆の日々」(笑)

それにこたえて志位さんも「二人の前任者があまりに攻撃的で威圧的な雰囲気を全身から発散させていただけに(笑)多少は温和な政治になるのかなと期待の向きもあったと思います」と笑いもからめてスタート。

「国民の6割が反対していた国葬を強行」したことで「なにが『聞く力』かと国民が見抜いたように思います。」と志位委員長。

脇さんは「安倍政権のタカ派・強硬路線の継承者と受け止めています」

志位さん「岸田首相は首相になりたかったが、こんな国をつくりたいという信念のようなものを感じない。」彼の行動原理は「延命と保身」とハッキリ。

信念がないから「なんでもやってのける」そして「逃げる」

5面では

脇さん「安保3文書 力対力の強硬姿勢が露骨」と。

志位さんとともに安保3文書に書いてある「専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国にならない」に「ウソつくなよ」と語ります。

大軍拡で暮らし犠牲は避けられません。大増税の危機について脇さん「打ち出の小づちでもあるのか(笑)補正予算の財源はどうするんですか。」と岸田政権のいい加減な財源確保策をバッサリ。

では共産党の外交ビジョンは?「アジアに包摂的な平和の枠組みを」と志位さん。この「包摂的な平和の枠組み」とは「耳で聞いても漢字が浮かばないイメージができない」というお声をよく聞きます。

脇さんも「具体的にお話いただけませんか?」と聞かれているように、難しい用語を並べ立てても国民ひとりひとりに届かなければ意味がないと、私も思います(笑)

アジアにひろがる「ブロック政治(軍事ブロック政治)」をやめようというのがアジアの主流になっていることに「日本にいると軍事ブロックが解体していることに気づかない」と脇さん。そこからヨーロッパとの連携の可能性についても語り合っています。

また、90年代までは自民党とて「幅と奥行きがあった」と。

加藤紘一元衆院議員(16年死去)さんとの論戦の思い出とともに「いまの自民には加藤さんのような人物がいなく」なり、「論争しても議論がかみあって実に面白かった」のに「安倍さんが首相になってからは幅も奥行きもなくなりモノトーンの独裁政治になって」しまったと志位さん。

そこから6面~9面にわたり、統一協会の問題、異常円安から暮らしを守る経済政策、そして共産党の100年についても語り合うボリューム満点の対談記事です。

新年にゆっくりお読みくださいね。

しんぶん赤旗日曜版

見本誌をお届けします。お問合せはお気軽に議員まで♪

 

松沢ちづる  090-8142-5272  (潮江在住)

川崎としみ 080-1458-9931  (七松町在住) 

まさき一子 090-9099-4048(武庫豊町在住) 

山本なおひろ 090-4265-8862(常光寺在住) 

軍拡優先 介護は削減!社会保障費切り捨て自公政権【しんぶん赤旗日曜版より】

来年度からの5年間で軍事費を43兆円(現行計画の1.56倍)にするよう指示した岸田首相!

その財源は大増税と歳出改革。社会保障費の大幅削減を加速するものです。

後期高齢者医療の窓口負担の2倍化に続き、介護保険でも利用料を2倍化を狙っています。

「必要だから受けている介護サービスのどこを削れというのでしょうか」の声。最重度の要介護5の寝たきりの夫。年金も削減され物価高騰の影響は深刻。見切り品の物を買う日々。部屋の明かりも1部屋だけという岡山県の方の声をはじめ、6面7面で大きく取り上げています。

 

社会保障費を切り捨て続ける自公政権。7つの論点を提示↓

●介護サービスの利用料原則1割負担→2~3割負担になる人を増やす

●要介護1,2の人の訪問介護やデイサービスを保険給付から外す

●介護保険料を負担する人を39歳以下に広げ、介護サービスを受給する人を66歳以上に引き上げ

●介護老人保健施設や介護医療員などの相部屋の部屋代を保険給付から外し利用者負担を増やす

●ケアマネが作成するケアプランを利用者負担なしから有料に

●介護保険施設を利用する低所得者の食費・居住費を軽くすうr補足給付の対象を絞り、預貯金を持つ人は対象外、自宅以外の不動産を持つ人も対象外に。

●国庫負担割合は引き上げず65歳以上の高所得者の保険料引き上げ

 

制度改悪に反対する声が広がっています。

日本共産党は「いま起こっている動きは日本国憲法の恒久平和主義にもとづく戦後の国のあり方を根底から覆し、戦争国家づくりに突き進む非常に危険な動き。戦後最悪の戦争への危険な逆流だ」と指摘しています。(4面に詳報)

しんぶん赤旗日曜版

見本誌をお届けします。お問合せはお気軽に議員まで♪

松沢ちづる  090-8142-5272  (潮江在住)

川崎としみ 080-1458-9931  (七松町在住) 

まさき一子 090-9099-4048(武庫豊町在住) 

山本なおひろ 090-4265-8862(常光寺在住) 

政権からかってこそ道化 ラサール石井さん【しんぶん赤旗日曜版より】

しんぶん赤旗日曜版12月11日号の36面「ひと」欄はラサール石井さん

ミュージカル「洪水の前に」に主演するそうです。

もともと早稲田大学ミュージカル研究会の出身。お芝居がしたくてコント赤信号を結成したものの、キワモノ扱いされて演劇界が認めてくれなかったとか。

Twitterでは時事ネタで鋭く切り込むラサール石井さん。

テレビには干されたものの「芸人、むかしでいえば道化が時の政権をからかうのは当然」と政治を批判します。

「理想は自民党政権が倒れてまたテレビにたくさん出られるようになる」こと、

そのために野党共闘をきちんとやって共産党をのけ者にしないでほしい、と頼もしいエール。

 

しんぶん赤旗日曜版

見本誌をお届けします。お問合せはお気軽に議員まで♪

 

松沢ちづる  090-8142-5272  (潮江在住)

川崎としみ 080-1458-9931  (七松町在住) 

まさき一子 090-9099-4048(武庫豊町在住) 

山本なおひろ 090-4265-8862(常光寺在住) 

物価高騰もう限界 暮らしと経済立て直そう【しんぶん赤旗日曜版より】

岸田政権の物価高騰への対応に76%が

「評価しない」と世論調査で回答しています。

10年働いても新卒並みの賃金、年金生活者に

重くのしかかる値上げラッシュ…

日本共産党の「緊急提言」は現状打開のためには賃上げを軸に実態経済を立てなおす、とりわけ内需を活発にすることに力を入れることが必要、と提言しています。

働く人が豊かになってこそ、経済も強くなる…賃上げを実現する緊急で効果のある対策を

消費税の緊急減税、物価高騰の中だからこそ、社会保障と教育の負担軽減を

中小企業・小規模事業者をつぶさない 大量倒産・廃業の危機を打開する本格的な支援策を

食料・エネルギーの自給率向上 国民生活と経済の安定のためにも食料危機・気候危機打開という人類的課題のためにも

富裕層・大企業に応分の負担を求め、暮らしも経済も押しつぶす大軍拡をやめる!

 

しんぶん赤旗日曜版11月20日号では、4~6面で詳しく特集を組んでいます。

 

しんぶん赤旗日曜版、見本誌のお申込みはお気軽に!

松沢ちづる  090-8142-5272  (潮江在住)

川崎としみ 080-1458-9931  (七松町在住) 

まさき一子 090-9099-4048(武庫豊町在住) 

山本なおひろ 090-4265-8862(常光寺在住) 

 

 

続々スクープ!井野防衛副大臣 後援会まで統一協会

10月30日号のしんぶん赤旗日曜版、1面は、

またもやスクープ!

山際経済再生担当相は日曜版のスクープを契機にメディアが山際氏と統一協会の癒着を連日報じるなどし、大臣辞職の声が高まり、とうとう辞表を提出しました。

それでも政府や自民党として調査をしようとしない岸田首相。

日本共産党の山添拓議員が追及した井野防衛副大臣をめぐり新事実が判明しました。

統一協会側が2015年井野氏の後援会を設立、いまだ後援会は解散しておらず癒着は「現在進行形」です。

統一協会関連の記事はしんぶん赤旗は群を抜いていると思います。この日曜版でも1面、2面、そして32.33面では霊感商法の被害者の話を含め大きく取り上げています。

 

そして多くの方に深く考えてほしい問題。

自衛隊セクハラ「命かけた告発」五ノ井里奈さん。35面。

自衛隊で本当にひどい性被害を受け、

訴えても不問にされ集団で嘘をつき隠ぺいをはかる自衛隊の闇を

「泣き寝入り」せず、実名で立ち上がった勇気。

なのに、誹謗中傷される世の中。声をあげた人が守られない社会をつくっているのは、わたしたちひとりひとりの無知と無関心ではないか、と考えさせられます。

もし、自分の娘だったら。もし、自分の恋人だったら。

もし、自分の妻だったら!?

そういう想像力が少しでもあれば、

彼女をとりまく世の中はもっと優しかったはず。

迅速な対応があれば五輪の夢もあきらめずに済んだという彼女の声は本当に切ない。

セクハラもパワハラも自衛隊には深い深い闇が広がっています。

「ハラスメントは犯罪。隊員全員がその意識を身に着けられる教育の徹底。命を奪うかもしれないという危機感を持って取り組むべき」と訴えます。

「私の傷は一生の傷。いっぱい笑って日常を過ごしながら付き合っていきます。」と語る五ノ井さんに、明るい未来が待っていますよう、祈るとともに、

そういう世の中を作っていくのは私たちひとりひとりの意識と行動からだ、と思いました。

多くの方に読んでいただたきたい記事です。

 

しんぶん赤旗日曜版 見本誌をお届けします。

お気軽に市会議員まで。

 

「子育てのノロイをほぐす言葉」しんぶん赤旗日曜版より

神戸大学の赤木和重教授は「やわらかい」感覚で「はっ」と気づく発信をされる先生です。

「よい親は〇〇すべき」という「ノロイ」があふれていますよね。

その中でも「できることが良い」という「ノロイ」が大きくてしんどい。

どうやったらできるようになるのか、わかるようになるのか、を

つい、親も先生も考えて与えてしまいがちですが、

考えている子どもの姿をそのまま「そうやそれが考えるってことや。よう考えてるなあ。」という先生の姿にハッとされたそうです。

「学校や習い事は行かねばならない」「休むことはいけないこと」というノロイ。

不登校や習い事を休みたい、やめたいという子どもは、気を張って頑張っているのです。

おうちの中では「できる」ことで評価されず気楽に「いることができる場」にしようと心掛けた、と赤木先生。

お母さんたちには「しんどい」「難しいよね」を語り合える仲間がいるといいですね。

ノロイの背景には「学び」を狭い枠に押し込め、順位づけして競走する学力偏重主義や、周囲を蹴落としてでも成長する強者が良いとされる新自由主義が大本にあると思います、とも述べられています。

 

しんぶん赤旗 日曜版 見本誌をお届けします♪

お気軽に各市議にお声がけください。

 

しんぶん赤旗日曜版 月額930円 一部売りは240円です

「先生が足りない」しんぶん赤旗日曜版より

10月2日号のしんぶん赤旗日曜版18.19面で

「先生が足りない」教員不足の特集が組まれています。

全国の学校で不足する教員。

教員志望者も減少。

安い賃金の非正規が年々増加しています。

先生不足は教育水準が維持できず、憲法が保障する子どもの教育を受ける権利が侵害されています。

紙面では千葉県のことが多く書かれていますが、

ここ、兵庫県でも状況は同じです。

新規採用の募集定員を削減し、安い賃金の非正規教員が増えています。

正規と同じ仕事内容で賃金は安い「講師」がとても多いのです。

そのおおもとにあるのが国の「正規教員の定数改善に背を向ける姿勢」です。

 

 

著作権の関係で全文は載せられません。

見本誌をお届けします♪お気軽に各市議までどうぞ。

松沢ちづる  090-8142-5272   川崎としみ 080-1458-9931   

まさき一子 090-9099-4048  山本なおひろ 090-4265-8862 

草彅くんに杉サマも登場 しんぶん赤旗日曜版8月14日号

今度のしんぶん赤旗日曜版は2週合併号。

いつもより分厚く読み応えたっぷりです。

しんぶん赤旗日曜版

長谷川義史さんの「特別読み物」ああああ犬はえらい

愛犬「まめ太」を亡くした長谷川さん一家のエッセイです。

長谷川さんの描く犬は「日本の家」のにおいがします。

愛犬を見送る日のあたたかくも関西人らしいちょっとした笑いの目線。

ほのぼのとした愛を感じます。

もちろん一面は核兵器禁止条約締結国会議に参加した被爆者と若者の談。

特に若い人の声には励まされます。

他にも…

天の川銀河のブラックホールの姿が初めて明らかになりました!

研究グループの小山翔子(新潟大教授)のお話です。

2面にわたり、わかりやすく観測成功への道を語られています。

日本では物理コースの女子は2人だけだったそうです。

でも、世界では女性研究者が活躍しているのを目の当たりにしてきました。

こういった国際的なプロジェクトには国からの支援が必要ですが、

日本は個々の研究者が科研費を獲得して活動しなければなりません。

 

さあ、「杉様」こと杉良太郎さんも登場です。

福祉活動に10代から力を尽くされてきた杉良太郎さん。

ベトナムでは孤児150人超の里親にもなっています。

外国人技能実習生への虐待などに心を痛め、奔走します。

今朝の東北の線状降水帯の被害があったばかりですが、

杉さんは河川の管理もちゃんとやるべきだと紙面で語っています。

「この桜吹雪が人権侵害許さない」というサブタイトルが良いですね。

 

元スマップの草彅くんも44面裏表紙に登場!!

映画「サバカン」に出演されたというサブタイトル。

それに引っ掛けたとしか思えない(笑)

下の奥薗さんの「サバ缶カレーそうめん」レシピもおいしそう!

 

読み応えたっぷりの8月14日合併号、どうぞご覧ください。

一部売りは240円

月ぎめは月930円です。

購読お申込み・見本誌のお申込みはお気軽に議員まで。